News

白胡椒について

KURATA PEPPERでは、農薬や化学肥料を使用せず、カンボジアの伝統的な自然農法で栽培されています。

胡椒は、つる性の植物で、高さは3~4mほどになります。
果実は、ぶどうの様な房状になります。

実が青く硬い状態で手摘みで収穫。
房から一粒ずつてで外し、そのまま果皮ごと、天日で何度かに分けてじっくり干します。
ここまでは黒胡椒と一緒ですが、
クラタペッパーの白胡椒は、昔ながらの製法でじっくり時間をかけて以下のように加工していきます。

天日干しの間に追熟して黄色になった実だけを集めて、湧き水に浸けて、約1ヶ月。

胡椒は実の糖分によって発酵されていきますが、発酵の塩梅は大変難しく、倉田やスタッフの判断によって都度、胡椒の発酵度合いをみて調整します。良い具合に発酵された胡椒は果皮を剥き、天日干しします。
その後、丁寧に選別作業、検品を経て白胡椒が出来上がります。

このように大変手間がかかるため、毎年数量、販売期間限定品となっています。

クラタペッパーの白胡椒は、個性的でたおやかな発酵香が大きな特徴です。すっきりした清涼感のある味わい、チーズのような独特の余韻があります。
発酵食品との相性も抜群で、香りが上品なアクセントになります。
薄い色合いが料理の邪魔にならず、胡椒の色を控えたいときにもオススメです。

完熟胡椒と同様、毎年、根強いファンたちが完成を心待ちにしてくださっている商品です。